慶應義塾大学先端生命科学研究所慶應義塾大学先端生命科学研究所

ニュース&イベント

HOMEニュース&イベント 2004年 慶應サマーバイオキャンプin鶴岡2004初開催

2004年のニュース

慶應サマーバイオキャンプin鶴岡2004初開催

2004 年8月16日~18日の3日間、全国の高校生を対象とした「慶應サマーバイオキャンプin鶴岡2004」が開催されました(後援:山形県、鶴岡市)。これ は、遺伝子工学やゲノム情報のコンピュータ解析などの実習体験を通じて、高校生のサイエンスへの興味・探求心を引き出すことを目的とし、今年はじめて開催 されたものです。実習内容は当研究所の最先端の実験施設をフルに活用し、PCRによる遺伝子増幅実験、遺伝子塩基配列決定、大腸菌を使った遺伝子クローニ ング、コンピュータ解析による遺伝子機能予測など多岐にわたり、当研究所のスタッフ及び大学院生が指導にあたりました。

全国から集まった19名の高校生は、大変積極的にバイオの実習に取り組み、遅くまで議論を交わしました。参加者からは「高校の生物の授業で生命の神秘に興 味を持ち、最先端の生物学を学びたいと思って参加したが、その希望に200%以上応えてくれるキャンプだった。」「全国からたくさんの人が集まり、本当に いい刺激になった。この出会いは一生の宝物。」などの熱いメールが今も寄せられています。

このニュースは下記のメディアでも報道されました。

・荘内日報 8/19 1面
・土曜ほっとリポート「山形の元気をつくる産業」(YTS,8/28放送)

TOPへ