慶應義塾大学先端生命科学研究所慶應義塾大学先端生命科学研究所

ニュース&イベント

HOMEニュース&イベント 2018年 慶應義塾大学先端生命科学研究所 修士課程学生の研究成果が国際学会で表彰

2018年のニュース

慶應義塾大学先端生命科学研究所 修士課程学生の研究成果が国際学会で表彰

慶應義塾大学先端生命科学研究所(山形県鶴岡市、冨田勝 所長)で研究活動を進めている大学院政策・メディア研究科修士課程1年の岩井碩慶(いわい・ひろのり)君は、アリの生態に関する研究を行い、その研究成果を7月23-27日に開催された国際学会"9th Congress of International Society of Hymenopterists"にて発表し、Student Poster Presentation Awardを受賞、表彰されました。
"9th Congress of International Society of Hymenopterists"は、四年に一度の頻度で開催されるハチ目(アリも含まれる)をメインテーマにした国際学会で、ハチやアリの分類や生態に関わる様々な研究が発表されました。本学会で授与されたStudent Poster Presentation Awardは、最も優れたポスター発表を行った学生に対して贈られるもので、岩井君は修士課程1年生ながら、国内外の博士課程学生を押さえ、本賞を受賞しました。


プレスリリースは以下をご覧ください。
プレスリリース全文

TOPへ