慶應義塾大学先端生命科学研究所慶應義塾大学先端生命科学研究所

ニュース&イベント

HOME ニュース&イベント イベント

イベント

第1回慶應先端生命研CE-MSメタボロミクス研究会

【日時】平成21年10月16日(金) 14:00~19:00 【会場】東北公益文科大学 鶴岡キャンパス 大学院ホール 【主催】慶應義塾大学先端生命科学研究所  【共催】慶應義塾大学グローバルCOEプログラム「In vivoヒト代謝システム生物学拠点」 【研究会URL】http://www.iab.keio.ac.jp/metabolome2009/ この研究会は、既に終了しました。 【問合先】...

続きを読む

スプリング・サイエンス・キャンプ2009

日時: 2009年3月24日(火)?3月26日(木) 主催: (独)科学技術振興機構共催: 慶應義塾大学環境情報学部・先端生命科学研究所会場: 慶應義塾大学先端生命科学研究所バイオラボ棟、センター棟 対象: 全国の高校生 (既に終了しました。プログラム詳細はこちら→http://ssc.iab.keio.ac.jp/)  問合せ先:   (財)日本科学技術振興財団 振興事業部内 サイエンスキ...

続きを読む

トランスポーター・ワークショップ in 鶴岡

日時: 2008年11月15日(土)14:00?11月16日(日)12:40主催: トランスポーター研究会共催: 慶應義塾大学先端生命科学研究所後援: (社)日本薬理学会、(社)日本薬学会 会場: 鶴岡タウンキャンパス 東北公益文科大学院ホール (既に終了しました。プログラム詳細はこちらへ)

続きを読む

第3回メタボロームシンポジウム

日時: 2008年10月30日(木)14:00-11月1日(土)12:00 主催: 慶應義塾大学先端生命科学研究所 共催: 慶應義塾大学グローバルCOEプログラム「In vivoヒト代謝システム生物学拠点」、(独)理化学研究所 植物科学研究センター、(独)科学技術振興機構 バイオインフォマティクス推進センター 会場: 鶴岡タウンキャンパス 東北公益文科大学院ホール (既に終了しました。→ニュ...

続きを読む

RNaseH2008 International Conference

日時: 2008年9月22日(月)?9月25日(木) 主催: 慶應義塾大学先端生命科学研究所 後援: Merck & Co., Inc.,、株式会社三和化学研究所会場: 鶴岡タウンキャンパス 東北公益文科大学院ホール (既に終了しました。→ニュースのページへ) (プログラム詳細はこちら へ)

続きを読む

サマー・バイオ・カレッジ2008

日時: 2008年8月18日(月)?8月20日(水) 主催: 慶應義塾大学環境情報学部・先端生命科学研究所後援: 山形県、鶴岡市会場: 慶應義塾大学先端生命科学研究所バイオラボ棟、センター棟 対象: 慶應義塾一貫教育高等学校生徒 (既に終了しました。ホームページはこちらへ)

続きを読む

第1回メタボロームシンポジウム

日時: 2006年11月10日(金)14:00?18:45、11月11日(土)9:00?15:05主催: 慶應義塾大学先端生命科学研究所会場: 鶴岡タウンキャンパス 公益大大学院ホール(山形県鶴岡市馬場町14-1) (既に終了しました。詳細はこちら へ)

続きを読む

The First Annual Meeting of the Metabolomics Society

Date: 2005.6.23-25 Hosted by: IAB, Keio University Sponsored by: International Metabolomics Society, Human Metabolome Technologies, Inc The number of participants:201

続きを読む

First IECA Conference on Systems Biology of E.Coli

Date: 2003.6.23-25Organized by:International E.Coli Alliance(IECA), SIGSIM of International society for Computational Biology(ISCB),IAB, Keio University The number of participants:141

続きを読む

RNase H International Conference 2002

Date: 2002.9.25-27 Sponsored by:National Institute of Child Health and Human Development(NIH),IAB, Keio University The number of participants:52

続きを読む

TOPへ