慶應義塾大学先端生命科学研究所慶應義塾大学先端生命科学研究所

研究紹介

HOME 研究紹介 研究ハイライト 論文ハイライト

論文ハイライト

クマムシが住むコケの中のミクロな世界を覗きみる

メタバーコーディングで真核生物と細菌のコミュニティを網羅的に解析Arakawa K. Simultaneous Metabarcoding of Eukaryotes and Prokaryotes to Elucidate the Community Structures within Tardigrade Microhabitats. Diversity, 2020; 12(3):110. d...

続きを読む

新規紫外線耐性菌株Arthrobacter sp. MN05-02のゲノム配列を決定

特徴的な色素産生遺伝子のパスウェイを明らかに Ii KM, Kono N, Paulino-Lima IG, Tomita M, Rothschild LJ, Arakawa K. Complete Genome Sequence of Arthrobacter sp. Strain MN05-02, a UV-Resistant Bacterium from a Manganese Deposi...

続きを読む

クマムシの乾眠誘導を制御するメカニズム

大規模リン酸化プロテオーム解析によってAMPKの関与が明らかにKondo K., Mori M., Tomita M., Arakawa K. (2019) AMPK activity is required for the induction of anhydrobiosis in a tardigrade Hypsibius exemplaris, and its potential up-r...

続きを読む

tRNAリン酸化酵素の多様性はいかにして生み出されたのか、大規模分子進化解析でtRNAリン酸化酵素Clp1ファミリーの進化系譜が明らかに

tRNAリン酸化酵素の多様性はいかにして生み出されたのか 大規模分子進化解析でtRNAリン酸化酵素Clp1ファミリーの進化系譜が明らかに Saito, M., Sato, A., Nagata, S., Tamaki, S., Tomita, M., Suzuki, H., and Kanai, A. (2019) Large-scale Molecular Evolutionary Analys...

続きを読む

個人の腸内では長期に渡って同一のビフィズス菌株が維持される可能性を示唆

10年間隔の全ゲノムシーケンスからビフィズス菌株の変化を調査 Tsukimi T., Watabe T., Tanaka K., Sato MP., Suzuki H., Tomita M., Fukuda S. (2020) Draft Genome Sequences of Bifidobacterium animalis Consecutively Isolated from Healt...

続きを読む

大学院の実習授業「ゲノム工学実習」から5本の国際論文が掲載される

有用微生物5種のコンプリートゲノムを新規に解析 Evans-Yamamoto D, Takeuchi N, Masuda T, Murai Y, Onuma Y, Mori H, Masuyama N, Ishiguro S, Yachie N, Arakawa K, Complete Genome Sequence of Psychrobacter sp, Strain KH172YL61, ...

続きを読む

強いクモ糸の人工合成を叶えるには何が必要か?

ヒトゲノムと同サイズのクモゲノムを解析することで見えた新たな因子 Kono N., Nakamura H., Ohtoshi R., Pedrazzoli Moran DA., Shinohara A., Yoshida Y., Fujiwara M., Mori M., Tomita M., Arakawa K. (2019) Orb-weaving spider Araneus ventric...

続きを読む

コンピュータ・シミュレーションで明らかとなった、心筋細胞の代謝ダイナミクス

胎児に特有な心機能を維持するメカニズムを予測Sano, I., H., Toki, T., Naito, Y. and Tomita, M. (2017) Developmental changes in the balance of glycolytic ATP production and oxidative phosphorylation in ventricular cells: A si...

続きを読む

メタボロゲノミクス:腸内細菌と腸内代謝物の統合解析

食事による腸内環境変化の評価法を確立 Ishii C, Nakanishi Y, Murakami S, Nozu R, Ueno M, Hioki K, Aw W, Hirayama A, Soga T, Ito M, Tomita M, Fukuda S. A Metabologenomic Approach Reveals Changes in the Intestinal Enviro...

続きを読む

複製プロセスがバクテリアのゲノム構造を決定していることを証明

時間の早送りによってゲノム上で塩基組成の偏りが発生するメカニズムを明らかに Kono N, Tomita M, Arakawa K. (2018) Accelerated laboratory evolution reveals the influence of replication on the GC skew in Escherichia coli. Genome Biol Evol. do...

続きを読む

TOPへ