慶應義塾大学先端生命科学研究所慶應義塾大学先端生命科学研究所

研究紹介

HOME 研究紹介 研究ハイライト 論文ハイライト

論文ハイライト

メタボローム測定技術を利用した代謝フラックスの時間変化解析

目的物質の生産にむけた、微生物の効率良い代謝改変が可能に Toya, Y., Ishii, N., Nakahigashi, K., Hirasawa, T., Soga, T., Tomita, M. and Shimizu, K. (2010) 13C-metabolic flux analysis for batch culture of Escherichia coli and its p...

続きを読む

プロテオームデータからの網羅的なタンパク質の定量

迅速で簡便なタンパク質の一斉定量法を実現 Shinoda, K., Tomita, M. and Ishihama, Y. (2010) emPAI Calc -- for the estimation of protein abundance from large-scale identification data by liquid chromatography-tandem mass sp...

続きを読む

バイオインフォマティクスにおけるWebサービスアクセスのためのEMBOSSパッケージ

既存の解析環境にWebサービスを安定的に連携させる新規ツール「KBWS」の開発 Oshita, K., Arakawa, K., and Tomita, M. (2011) KBWS: an EMBOSS associated package for accessing bioinformatics web?services, Source Code for Biology and Medicin...

続きを読む

環状バクテリアゲノムにおける複製終結点の網羅的予測

DNAの複製終結とdif配列の関係性を解き明かす手がかりに Kono, N., Arakawa, K. and Tomita, M. (2011) Comprehensive prediction of chromosome dimer resolution sites in bacterial genomes. BMC Genomics, 12(1), 19.  生物はみな、細胞内に染色体とい...

続きを読む

誰も考えなかった大腸菌溶液での安定な細胞外核酸

ゲノム構築法への応用と水平伝播での役割解明にむけて Itaya. M, and Kaneko. S. (2010) Integration of stable extra-cellular DNA released from Escherichia coli into the Bacillus subtilis genome vector by culture mix method. Nuclei...

続きを読む

RNA分解酵素におけるDNA鎖とRNA鎖との違いを区別する領域

構造が類似しながらも基質が異なるタンパク質の比較解析 Kitamura. S, Fujishima. K, Sato. A, Tsuchiya. D, Tomita. M, and Kanai. A. (2010) Characterization of RNase HII substrate recognition using RNase HII-Argonaute chimeric enzym...

続きを読む

細胞内タンパク質(プロテオーム)の大規模定量法の確立

細胞種・培養条件による制限を受けない普遍的な定量法 Imami, K., Sugiyama, N., Tomita, M. and Ishihama, Y. (2010) Quantitative Proteome and Phosphoproteome Analysis of Cultured Cells Based on SILAC Labeling without Requirement ...

続きを読む

時計遺伝子の発現位相遅れを生みだすポジティブフィードバック制御の解明

コンピュータシミュレーションと細胞実験で概日時計の仕組みに迫る Y. Ogawa, N.Koike, G. Kurosawa, T. Soga, M. Tomita, and H Tei. (2011) Positive Autoregulation Delays the Expression Phase of Mammalian Clock Gene Per2. PLoS ONE, 6(4):...

続きを読む

メタボローム測定による伝統的な生薬成分の分析

漢方の複合的薬効の科学的理解へ K. Iino, M. Sugimoto, T. Soga, and M. Tomita. (2011) Profiling of the Charged Metabolites of Traditional Herbal Medicines Using Capillary Electrophoresis Time-of-Flight Mass Spectromet...

続きを読む

高精度かつ高効率なリン酸化タンパク質同定法の開発

細胞内シグナル伝達ネットワークの全貌解明へ向けて Y. Kyono, N. Sugiyama, M. Tomita, Y. Ishihama. (2010) Chemical dephosphorylation for identification of multiply phosphorylated peptides and phosphorylation site determination....

続きを読む

TOPへ