慶應義塾大学先端生命科学研究所慶應義塾大学先端生命科学研究所

ニュース&イベント

HOME ニュース&イベント 2019年

2019年のニュース&イベント

がん治療効果の予測と向上に役立つ指標遺伝子を発見

 慶應義塾大学先端生命科学研究所(所長 冨田勝)の荒川和晴准教授・河野暢明特任講師と、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(理事長 平野俊夫、以下「量研」)量子ビーム科学研究部門高崎量子応用研究所の坂下哲哉上席研究員・大島康宏主任研究員・横田裕一郎主幹研究員らは共同で、α線がん治療薬211At-MABG(アスタチン211-メタアスタトベンジルグアニジン)1)の治療や診断の新たな指標となる遺伝子...

続きを読む

荒川和晴准教授、山形県科学技術奨励賞を受賞

荒川和晴准教授が、山形県科学技術奨励賞を受賞しました。 荒川准教授は、非モデル生物のシステムゲノム科学による新規有用物質の発見において優れた功績をあげ、県科学技術の振興発見に貢献したことにより、この賞を受賞しました。授与式が2月27日(水)山形市の県私学会館で行われました。 このニュースは下記メディアで報道されました。山形新聞 2/28 9面

続きを読む

冨田勝所長、第68回河北文化賞を受賞

冨田勝所長が、第68回河北文化賞を受賞しました。 冨田所長は、東北の研究施設として最先端の研究成果を上げ、地域産業の活性化に寄与したことにより、この賞を受賞しました。贈呈式は1月17日(木)、仙台市の仙台国際ホテルで行われました。このニュースは下記メディアで報道されました。 河北新報 1/1 9面

続きを読む

明治安田生命保険相互会社と健康増進に関する包括連携協定締結 

慶應義塾大学先端生命科学研究所(所長:冨田 勝)と明治安田生命保険相互会社(執行役社長:根岸 秋男)は、健康増進に関する分野において、先端科学技術を活用した社会課題の解決および地域社会の発展に貢献することを目的とした包括連携協定を締結しました。 プレスリリースは以下をご覧ください。●プレスリリース全文▲協定調印式の様子(2019年1月11日) 左より:慶應義塾大学先端生命科学研究所 冨田 勝 所長...

続きを読む

TOPへ