慶應義塾大学先端生命科学研究所慶應義塾大学先端生命科学研究所

研究紹介

HOME 研究紹介 研究ハイライト

研究ハイライト

海藻に含まれる物質の大解剖

乾燥保存が海藻の水溶性代謝物質に与える影響を明らかにHamid, S.S., Wakayama, M., Soga, T. and M. Tomita. (2018) Drying and extraction effects on three edible brown seaweeds for metabolomics. J. Appl. Phycol. https://doi.org/10.1...

続きを読む

ヒト免疫不全ウイルス (HIV) 進化の軌跡を俯瞰する

配列類似性ネットワークによるヒト免疫不全ウイルス(HIV) の分子進化解析 Nagata, S., Imai, J., Makino, G., Tomita, M., and Kanai, A. (2017). Evolutionary analysis of HIV-1 Pol proteins reveals representative residues for viral subtyp...

続きを読む

周期的な配列を有するゲノム編集関連配列を検出する新規ソフトウェアを開発

大規模ゲノムデータからの周期的DNA/タンパク質配列の網羅的捕捉に成功 Mori, H., Evans-Yamamoto, D., Ishiguro, S., Tomita, M., and Yachie, N. (2019) Fast and global detection of periodic sequence repeats in large genomic resources. Nuc...

続きを読む

放射線がん治療効果の診断を助ける指標を発見

α線がん治療薬に特異的に応答する4遺伝子を特定 Ohshima, Y., Kono, N., Yokota, Y., Watanabe, S., Sasaki, I., Ishioka, N., Sakashita, T., Arakawa, K. (2019). Anti-tumor effects and potential therapeutic response biomarkers in...

続きを読む

VOL14 - 2018

VOL14 - 2018

Research highlight

  • 大腸菌は人工の外来 RNA を受け入れ、利用することが可能である!
  • 絶滅危惧種「ケンランアリスアブ」の生態にあらたな発見
  • 疾病バイオマーカーの計画的な創出を指向した新規方法論の提案
  • クマムシ乾眠能力の違いのメカニズムは、その準備段階にあり!
  • 細胞内のゲノム挙動情報を活用したコンティグ再配置アルゴリズムを開発
  • 山形県鶴岡市で極限環境耐性を持つクマムシの新種を発見
  • DNA の材料「チミジン」の分解によるガン細胞の生存戦略

Researcher Interview

第18回 黒田 裕樹 准教授 (発生生物学・初期発生)

 生物がオートマチックに形を変えていく仕組みを明らかに

DOWNLOAD PDF

アスベストが原因で発症する悪性腫瘍のメタボローム解析

悪性胸膜中皮腫における薬剤抵抗に関連する代謝産物を発見 Sato, Y., Matsuda, S., Maruyama, A., Nakayama, J., Miyashita, T., Udagawa, H., Umemura, S., Yanagihara, K., Ochiai, A., Tomita, M., Soga, T., Tsuchihara, K., and Makinoshim...

続きを読む

シースレスCE-MS:超高感度の代謝物一斉分析法の開発

先端生命科学研究所におけるメタボローム解析技術に大きな進歩 Hirayama, A., Abe, H., Yamaguchi, N., Tabata, S., Tomita, T., Soga, T.(2018) Development of a sheathless CE‐ESI‐MS interface. Electrophoresis. 39(11):1382-1389. doi: 10.1...

続きを読む

黒田裕樹准教授
黒田裕樹准教授

続きを読む

山形県鶴岡市で極限環境耐性を持つクマムシの新種を発見

採取場所の庄内にちなんで〝ショウナイチョウメイムシ〟と命名Stec D., Arakawa K., Michalczyk Ł. (2018) An integrative description of Macrobiotus shonaicus sp. nov. (Tardigrada: Macrobiotidae) from Japan with notes on its phylogeneti...

続きを読む

細胞内のゲノム挙動情報を活用したコンティグ再配置アルゴリズムを開発

ドラフトゲノムからゲノム構造の推定が可能にKono, N., Tomita, M. and Arakawa, K.(2017) eRP arrangement: a strategy for assembled genomiccontig rearrangement based on replication profiling in bacteria. BMC Genomics.2017 Oct ...

続きを読む

TOPへ