慶應義塾大学先端生命科学研究所慶應義塾大学先端生命科学研究所

研究紹介

HOME 研究紹介 研究ハイライト

研究ハイライト

鈴木治夫准教授
鈴木治夫准教授

続きを読む

VOL12 - 2016

VOL12 - 2016

Research highlight

  • 温泉水飲用の効果をメタボローム解析および腸内フローラ解析で明らかに
  • 高度オイル産生微細藻類における多面的アプローチを用いた再分類
  • リボソームプロファイリングによる大腸菌翻訳効率の網羅的解析
  • TNF関連シグナル伝達経路上で、細胞の免疫応答に重要な因子を新たに発見
  • 生きた化石" カブトエビ" の進化に迫る
  • 50個以上のDNA断片を一度に集積可能な技術を開発
  • 血液の採取や保存条件が代謝物プロファイルに与える影響を解析

Researcher Interview

第16回 荒川 和晴 特任准教授( バイオインフォマティクス ? システム生物学)

 様々な生物の大規模かつ複雑な生命情報から、生命の本質を解き明かす。

DOWNLOAD PDF

微小生物の単一個体由来の超微量DNAによる全ゲノム解析手法を確立

クマムシの進化をめぐる議論にも大きな進展 Arakawa, K., Yoshida, Y., Tomita, M.(2016) Genome sequencing of a single tardigrade Hypsibius dujardini individual. Sci Data. 2016 Aug 16;3:160063. doi: 10.1038/sdata.2016.63. 水...

続きを読む

微細藻類の群体性・単細胞性の分岐点はどこか?

多遺伝子系統解析によって、両者が比較的最近に分岐したことを明らかに Munakata, H., Nakada, T., Nakahigashi, K., Nozaki, H. and Tomita, M. (2015) Phylogenetic Position and Molecular Chronology of a Colonial Green Flagellate,4 Stephanosp...

続きを読む

荒川和晴特任准教授
荒川和晴特任准教授

続きを読む

Euglenaにおける網羅的遺伝子発現解析

De novo transcriptome assemblyによって嫌気条件応答の詳細を明らかに Yoshida, Y., Tomiyama, T., Maruta, T., Tomita, M., Ishikawa, T. and Arakawa, K. (2016) De novo assembly and comparative transcriptome analysis of Eugle...

続きを読む

真核生物の進化を、tRNAの特徴から検証する

奇妙な分子構造を持つtRNAを大規模に同定し、進化的な成り立ちを解析 Hamashima, K., Tomita, M. and Kanai, A. (2016) Expansion of Non-Canonical V-Arm-Containing tRNAs in Eukaryotes . Mol. Biol. Evol 33 : 530-540 DNAがタンパク質を構成するアミノ酸へと『翻...

続きを読む

フィールドの生物を対象としたトランスクリプトーム解析のフィージビリティスタディ

高い再現性を保つ条件を、解析の全工程において検討 Kono, N., Nakamura, H., Ito, Y., Tomita, M. and Arakawa, K. (2016) Evaluation of the impact of RNA preservation methods of spiders for de novo transcriptome assembly. Mol Ecol...

続きを読む

ヨーロッパカブトエビと、tRNA断片の新たな関係性

選択されたtRNA fragmentが発生を制御する可能性が明らかに Hirose, Y., Ikeda, T., K., Noro, E., Hiraoka, K., Tomita, M. and Kanai, A. (2015) Precise mapping and dynamics of tRNA-derived fragments (tRFs) in the development of...

続きを読む

G-Links:生物学のビッグデータの「収集・統合・抽出」を支援する新システム

分散して存在するさまざまな生物学情報を、より効率よく利用することが可能に Oshita K, Tomita M and Arakawa K. (2015) G-Links: a gene-centric link acquisition service [version 2; referees: 2 approved]. F1000Research 2015 3:285 いわゆる次世代シーケンサ...

続きを読む

TOPへ