慶應義塾大学先端生命科学研究所慶應義塾大学先端生命科学研究所

研究紹介

HOME 研究紹介 研究ハイライト 論文ハイライト

論文ハイライト

山形県鶴岡市で極限環境耐性を持つクマムシの新種を発見

採取場所の庄内にちなんで〝ショウナイチョウメイムシ〟と命名Stec D., Arakawa K., Michalczyk Ł. (2018) An integrative description of Macrobiotus shonaicus sp. nov. (Tardigrada: Macrobiotidae) from Japan with notes on its phylogeneti...

続きを読む

細胞内のゲノム挙動情報を活用したコンティグ再配置アルゴリズムを開発

ドラフトゲノムからゲノム構造の推定が可能にKono, N., Tomita, M. and Arakawa, K.(2017) eRP arrangement: a strategy for assembled genomiccontig rearrangement based on replication profiling in bacteria. BMC Genomics.2017 Oct ...

続きを読む

クマムシ乾眠能力の違いのメカニズムは、その準備段階にあり!

2種のゲノムと遺伝子発現を網羅的に解析し、極限環境耐性と進化の関係に新発見 Yoshida, Y., Koutsovoulos, G., Laetsch, R., D., Stevens, L., Kumar, S., Horikawa, D., D., Ishino, K., Komine, S., Kunieda, T., Tomita, M., Blaxter, M. and Arakawa...

続きを読む

DNAの材料「チミジン」の分解によるガン細胞の生存戦略

がん細胞におけるチミジン分解経路と解糖系の新たなリンクの発見 Tabata, S., Yamamoto, M., Goto, H., Hirayama, A., Ohishi, M., Kuramoto, T., Mitsuhashi, A., Ikeda, R., Haraguchi, M., Kawahara, K., Shinsato, Y., Minami, K., Atsuro Saij...

続きを読む

疾病バイオマーカーの計画的な創出を指向した新規方法論の提案

疾病バイオマーカーの生体内合成にむけて Nishihara, T., Inoue, J., Tabata, S., Murakami, S., Ishikawa, T., Saito, N., Fukuda, S., Tomita, M. and Soga T. (2017) Synthetic Biomarker Design by Using Analyte-Responsive Acetam...

続きを読む

絶滅危惧種「ケンランアリスアブ」の生態にあらたな発見

幼虫をアリ巣中で発見、初の記録に成功Iwai,H., Horikawa, D., Arakawa, K., Tomita, M., Komatsu, T. and Maruyama, M.(2016) Rearing and observation of immature stages of the hoverfly Microdon katsurai (Diptera, Syrphidae). ...

続きを読む

大腸菌は人工の外来RNAを受け入れ、利用することが可能である!

人口低分子RNAから考察する進化 近年、RNA分子が生物の様々な制御機構において重要な役割を果たしていることが明らかとなってきている。そもそもRNA分子とは、DNAから転写されタンパク質へと翻訳する前の段階の物質である。だが、RNA分子のなかにはタンパク質をコードするのではなく、RNA分子のままで働く「機能性RNA」と呼ばれるものが存在する。 慶應義塾大学先端生命科学研究所の金井昭夫教授らのグ...

続きを読む

微小生物の単一個体由来の超微量DNAによる全ゲノム解析手法を確立

クマムシの進化をめぐる議論にも大きな進展 Arakawa, K., Yoshida, Y., Tomita, M.(2016) Genome sequencing of a single tardigrade Hypsibius dujardini individual. Sci Data. 2016 Aug 16;3:160063. doi: 10.1038/sdata.2016.63. 水...

続きを読む

微細藻類の群体性・単細胞性の分岐点はどこか?

多遺伝子系統解析によって、両者が比較的最近に分岐したことを明らかに Munakata, H., Nakada, T., Nakahigashi, K., Nozaki, H. and Tomita, M. (2015) Phylogenetic Position and Molecular Chronology of a Colonial Green Flagellate,4 Stephanosp...

続きを読む

Euglenaにおける網羅的遺伝子発現解析

De novo transcriptome assemblyによって嫌気条件応答の詳細を明らかに Yoshida, Y., Tomiyama, T., Maruta, T., Tomita, M., Ishikawa, T. and Arakawa, K. (2016) De novo assembly and comparative transcriptome analysis of Eugle...

続きを読む

TOPへ