慶應義塾大学先端生命科学研究所慶應義塾大学先端生命科学研究所

研究紹介

HOME 研究紹介 研究ハイライト 論文ハイライト

論文ハイライト

シスプラチン抵抗性を獲得するメカニズムを解明

シスプラチン抵抗性はグルタミン代謝によって調節されることを発見 Guo J, Satoh K, Tabata S, Mori M, Tomita M, Soga T, Reprogramming of glutamine metabolism via glutamine synthetase silencing induces cisplatin resistance in A2780 ova...

続きを読む

定量メタボロミクスと分子類似性から見る漢方薬の「熱と寒」

漢方薬の薬理作用におけるメカニズム解明に向けて 
Guo J, Wang J, Iino K, Tomita M, Soga T, Quantitative and Molecular Similarity Analyses of the Metabolites of Cold- and Hot-Natured Chinese Herbs, Evidence-Based Complementary...

続きを読む

ハダニ(ハダニ目:ハダニ科)の糸遺伝子の特徴を明らかに

高感度なプロテオミクス解析による糸遺伝子の解明 Arakawa K, Mori M, Kono N, Suzuki T, Gotoh T, Shimano S, Proteomic evidence for the silk fibroin genes of spider mites (order Trombidiformes: Family Tetranychidae), Journal o...

続きを読む

クマムシの発生メカニズム理解に向けて

クマムシの孵化や脱皮に関わる遺伝子が機能することを発見Yoshida Y, Sugiura K, Tomita M, Matsumoto M, Arakawa K, Comparison of the transcriptomes of two tardigrades with different hatching coordination, BMC Developmental Biology, ...

続きを読む

Apotardigradaに関するクマムシの分類学を再分析

BUSCOデータセットから選択した複数遺伝子系統樹の作成および系統分類の証明 
Fleming J.F, Arakawa K, Systematics of tardigrada: A reanalysis of tardigrade taxonomy with specific reference to Guil et al, (2019), Zoologica Scripta, 00:1-7,...

続きを読む

キャピラリーイオンクロマトグラフィー-質量分析法を用いた陰イオン性代謝物の一斉分析法の開発

メタボローム解析に新たな分析法 Hirayama A, Tabata S, Kudo R, Hasebe M, Suzuki K, Tomita M, Soga T, The use of a double coaxial electrospray ionization sprayer improves the peak resolutions of anionic metabolites in ...

続きを読む

オオミノガのゲノム解明

ミノムシが魅せる糸の強さに関する遺伝子配列の特性を発見 Kono N, Nakamura H, Ohtoshi R, Tomita M, Numata K, Arakawa K, The bagworm genome reveals a unique fibroin gene that provides high tensile strength. Commun Biol. 2, 148 (201...

続きを読む

クモの捕食戦略の進化を解明

ウズグモの糸遺伝子カタログからみる篩板糸遺伝子の系統進化 Kono N, Nakamura H, Mori M, Tomita M, Arakawa K, Spidroin profiling of cribellate spiders provides insight into the evolution of spider prey capture strategies. Scientifi...

続きを読む

ジペプチドの一斉分析による肝細胞癌における特異的プロファイルの解明

新技術によって癌研究に新たな知見を提供 Ozawa H, Hirayama A, Shoji F, Maruyama M, Suzuki K., Yamanaka-Okumura H, Tatano H, Morine Y, Soga T, Shimada M, Tomita M. Comprehensive Dipeptide Analysis Revealed Cancer-Specifi...

続きを読む

遺伝子発現データから乳がん転移を予測する手法を開発

変数選択によって汎化性能を大幅に向上 Hikichi S, Sugimoto M. and Tomita M. (2020) Correlation-centred variable selection of a gene expression signature to predict breast cancer metastasis. Sci Rep. 10, 7923. doi: 10.103...

続きを読む

TOPへ