慶應義塾大学先端生命科学研究所慶應義塾大学先端生命科学研究所

研究紹介

HOME 研究紹介 研究ハイライト 論文ハイライト

論文ハイライト

パーソナルゲノム時代の先進的リテラシー教育

冨田勝所長のゲノムを教材としてパーソナルゲノムの実際を学ぶ Arakawa, K., Tomita, M. (2014) Genome Analysis Workshop: a Personal Genomics class at Keio SFC. Keio SFC Journal., 14(1), 158-177.   2000年代初頭に国際ヒトゲノム計画の完了が各国首脳によって宣言された...

続きを読む

ヒストン修飾と選択的スプライシングの関係性の解析

組織特異的なヒストン修飾によってエキソンの取り込みが決定される可能性を示唆 Shindo Y, Nozaki T, Saito R, Tomita M. (2013) Computational analysis of associations between alternative splicing and histone modifications. FEBS Lett. 587:51...

続きを読む

バクテリアの増殖効率とゲノム対称性の関係性を解明

複製挙動を人工的に対称化させることに成功 Kono N, Arakawa K, Sato M, Yoshikawa H, Tomita M, Itaya M. (2014) Undesigned selection for replication termination of bacterial chromosomes. J Mol Biol. 426:2918-2927. 遺 伝子工学技術の著...

続きを読む

9種類の肝臓疾患を一度に診断する血液バイオマーカーを発見

γ-グルタミルジペプチド類の濃度の違いによって、各種肝臓疾患を識別可能に Soga, T., Sugimoto, M., Honma, M., Mori, M., Igarashi, K., Kashikura, K., Ikeda, S., Hirayama, A., Yamamoto, T., Yoshida, H., Otsuka, M., Tsuji, S., Yatomi, Y., Sa...

続きを読む

細胞周期におけるmicroRNAの役割の解明

静止期から細胞増殖を再開する際のmiRNAによる遺伝子発現制御ネットワークを明らかに Iwasaki, W., Y., Kiga, K., Kayo, H., Fukuda-Yuzawa, Y., Weise, J., Inada, T., Tomita, M., Ishihama, Y. and Fukao, T. (2013) Global MicroRNA Elevation by Indu...

続きを読む

バクテリアにおける環境応答機構の進化の一端を明らかに

ネットワーク理論を応用した新たな進化解析手法を開発 Matsui, M., Tomita, M. and Kanai, A. (2013) Comprehensive Computational Analysis of Bacterial CRP/FNR Superfamily and its Target Motifs Reveals Stepwise Evolution of Transcri...

続きを読む

アルツハイマー病をはじめとした変性性認知症特有の代謝物質を明らかに

認知症の診断に応用できる可能性を示唆 Tsuruoka, M., Hara, J., Hirayama, A., Sugimoto, M., Soga, T., Shankle, W.R., Tomita, M. (2013) Capillary electrophoresis-mass spectrometry-based metabolome analysis of serum and sal...

続きを読む

藻類が二酸化炭素からバイオマスを作る代謝過程を解析

炭素安定同位体を用いた大規模な代謝追跡に成功 Ito, T., Sugimoto, M., Toya, Y., Ano, Y., Kurano, N., Soga., T, Tomita, M. (2013) Time-resolved metabolomics of a novel trebouxiophycean alga using 13CO2 feeding. J Biosci Bioen...

続きを読む

心筋細胞の発生過程をたどる網羅的シミュレーション

胎生期の心臓を構成する心筋細胞の分化の機序をコンピュータで予測する Okubo, C., Sano, HI., Naito, Y., Tomita, M. (2013). Contribution of quantitative changes in individual ionic current systems to the embryonic development of ventricul...

続きを読む

高度好熱菌界のモデル生物、Thermus thermophilus HB8が有する第3のプラスミドの発見

丁寧な実験によりゲノムプロジェクトで見落とされていた情報を明らかに Ohtani., N., Tomita, M. and Itaya, M. (2012) The third plasmid pVV8 from Thermus thermophilus HB8: isolation, characterization, and sequence determination. Extremophi...

続きを読む

TOPへ