慶應義塾大学先端生命科学研究所慶應義塾大学先端生命科学研究所

研究紹介

HOME 研究紹介 研究プロジェクト 基盤技術

研究プロジェクト

基盤技術 ~最新の網羅的な解析方法を用いて生命現象を包括的に理解する

Genomics

生命活動にはたくさんの遺伝子の働きが必要です。生物のもつ全ての遺伝子(ゲノム)を対象にして、その機能を解析します。また、有用なゲノムのデザインを目指しています。

Transcriptomics

Transcriptomics

最近さまざまな機能の存在が判明してきた"もう一つの核酸"であるRNAに注目し、情報科学や分子生物学を駆使して、遺伝子制御の新しいパラダイムに挑戦します。

Proteomics

全てのタンパク質(プロテオーム)に対して発現解析・定量解析ができる手法を独自に技術開発し、プロテオーム解析を行うことによって生命現象の解明に取り組みます。

Metabolomics

当研究所が開発した細胞内の物質を短時間で一斉に測定する技術を、さらに高感度・高速測定技術を開発し、医療・食品・環境などさまざまな分野に応用します。

Bioinformatics

Bioinformatics

上記のような網羅的解析手法(omics)で得られた膨大なデータを用いて、生命現象の包括的な理解を目指します。このためにコンピュータ上で細胞をシミュレーションするためのソフトウエア「E-CELL(電子化細胞)システム」を開発しています。

TOPへ