慶應義塾大学先端生命科学研究所慶應義塾大学先端生命科学研究所

教育関連

慶應義塾大学先端生命科学研究所 教育関連 高校生向けプログラム

高校生向けプログラム

【高校生バイオサミットin鶴岡】

全国の高校生が参加し、生命科学に関する自由研究の成果を発表したり、未来のバイオサイエンスのあるべき姿を議論するサミット。2011年度から毎年夏に開催しています(第10,11回大会はオンライン開催)。第11回サミットには、全国70の高校から258名の高校生が参加し、過去最多となる114の研究作品が発表されました。次回の第12回サミットは2022年8月22日~24日に実施予定です。

https://www.bio-summit.org/
主催:高校生バイオサミット実行委員会(山形県、鶴岡市、IAB)

【Keio Astrobiology Camp(KAC)】

全国の高校生~大学院生が参加し、宇宙生物学をテーマとし、国内外の最先端の研究者による講演、意見交換、グループワーク、課題発表等を行うプログラム。2015年度から3月に開催しています(2020年度、2021年度はオンライン開催)。2021年度のKACには、全国39の高校から62名の高校生、高専生、大学生、大学院生が参加しました。

【高校生研究助手・特別研究生】

山形県立鶴岡中央高等学校の生徒を「研究助手」として任用するプログラムを2009年5月から開始しました。
また、「将来、博士号をとって世界的な研究者になりたい」という大きな夢を持った高校生・高専生を「特別研究生」として受け入れて、自由研究を全面的に支援する制度を2011年度から開始しました。

2つの制度に、これまでに延べ300名を超える高校生たちが参加しています。

【慶應サマーバイオカレッジ】

慶應義塾の一貫教育高等学校の生徒が当研究所に集まり、バイオテクノロジーの基礎を体験するプログラム。遺伝子工学やゲノム情報のコンピュータ解析などの実習体験を通じて、高校生のサイエンスへの興味・探求心を引き出すことを目的とし、2001年度から開催しています。
https://sbc.iab.keio.ac.jp/

TOPへ