慶應義塾大学先端生命科学研究所慶應義塾大学先端生命科学研究所

研究紹介

HOME 研究紹介 研究ハイライト 論文ハイライト

論文ハイライト

高度オイル産生微細藻類における多面的アプローチを用いた再分類

バイオ燃料産生の有用種を分子レベルの再評価、新種も発見 Kawasaki, Y., Nakada, T. and Tomita, M.(2015) Taxonomic revision of oil-producing green algae, Chlorococcum oleofaciens (Volvocales, Chlorophyceae), and its relatives. J. ...

続きを読む

リボソームプロファイリングによる大腸菌翻訳効率の網羅的解析

大腸菌遺伝子翻訳効率にまつわるパラドクスを解明 Nakahigashi K, Takai Y, Shiwa Y, Wada M, Honma M, Yoshikawa H, Tomita M, Kanai A and Mori H. (2014) Effect of codon adaptation on codon-level and gene-level translation effici...

続きを読む

TNF関連シグナル伝達経路上で、細胞の免疫応答に重要な因子を新たに発見

シミュレーションによって、新たな創薬ターゲットを同定 Hayashi K, Piras V, Tabata S, Tomita M & Selvarajoo K (2013) A systems biology approach to suppress TNF-induced proinflammatory gene expressions. Cell Commun Signal 11, ...

続きを読む

生きた化石"カブトエビ"の進化に迫る

山形県産ヨーロッパカブトエビにおけるmiRNAの大規模解析 Ikeda KT, Hirose Y, Hiraoka K, Noro E, Fujishima K, Tomita M, Kanai A (2015) Identification, expression, and molecular evolution of microRNAs in the "living fossil" Triop...

続きを読む

50個以上のDNA断片を一度に集積可能な技術を開発

枯草菌における遺伝子集積法メソッド・OGAB法の革新的改良 Tsuge K, Sato Y, Kobayashi Y, Gondo M, Hasebe M, Togashi T, Tomita M, Itaya M (2015) Method of preparing an equimolar DNA mixture for one-step DNA assembly of over 50...

続きを読む

血液の採取や保存条件が代謝物プロファイルに与える影響を解析

より細かな条件検討で、有益な代謝情報を得ることが可能に Hirayama A, Wakayama M, Soga T. (2014) Metabolome analysis based on capillary electrophoresis-mass spectrometry. Trend Anal Chem, doi:10.1016/j.trac.2014.05.005 生 物に関わ...

続きを読む

線虫における変則的な遺伝暗号のゆらぎを解析

遺伝暗号を拡張することが可能な線虫特異的tRNAの作用機序解明に向けて Hamashima, K., Mori, M., Andachi, Y., Kohara, Y., Tomita, M. and Kanai, A. (2015) Analysis of genetic code ambiguity arising from nematode-specific misacylated tRNA...

続きを読む

細胞シミュレーションを用いて血液保存時の代謝作用機序を明らかに

保存血液の代謝シミュレーションモデルの構築と解析 Nishino. T., Yachie-Kinoshita.A., Hirayama, A., Soga, T., Suematsu, M. and Tomita, M. (2013) Dynamic simulation and metabolome analysis of long-term erythrocyte storage in ade...

続きを読む

バイオインフォマティクス統合解析プラットフォームEMBOSSとG-languageの融合

IAB発ゲノム解析サービスと外部ソフトウェア間の連携を強化 Itaya, H., Oshita, K., Arakawa, K. and Tomita, M. (2013) GEMBASSY: an EMBOSS Associated Software Package for Comprehensive Genome Analyses. Source Code Biol Med. 8: 17. ...

続きを読む

パーソナルゲノム時代の先進的リテラシー教育

冨田勝所長のゲノムを教材としてパーソナルゲノムの実際を学ぶ Arakawa, K., Tomita, M. (2014) Genome Analysis Workshop: a Personal Genomics class at Keio SFC. Keio SFC Journal., 14(1), 158-177.   2000年代初頭に国際ヒトゲノム計画の完了が各国首脳によって宣言された...

続きを読む

TOPへ